株式会社アペックス

最適な下地作りは、大切な愛車を艶やかに

こんにちは!宇都宮市のカーコーティング専門店・ウィンドウフィルム専門店のアペックスです。
ボディコーティングをする上で、最も重要な工程が下地作り=磨きです
お車の状態により、ポリッシュコースも変わり磨き方も変わります
さらに深く突き詰めると、各クルマメーカーによっても塗装の性質が異なります。
塗装に合わせて磨くのですが、一台一台様々なので同じ答えはありません。

今回、ボディコーティングでお預かりしているお車は、砂漠のロールスロイスとも呼ばれ、ラグジュアリーSUVの最高峰でもある「レンジローバー」。
最近、アペックスでも入庫が増えている車種でもあります。
堂々とした風貌は、憧れ的存在でもありながらセレブリティ溢れる装備はため息しか出ません。流石、王室にも愛されるお車ですね。

お車の状態を照明の下で確認してみると、年月の経過で徐々に入っていった洗車キズなどが主なダメージでしょうか。
塗装への状態から考慮して、ハードポリッシュコースにて進めさせていただくことになりました。

そこで、下地作りの大切さを考える上で例えてみますと、一切のキズがない新品の下敷きとキズだらけの下敷きがあるとします。
そこに砂やホコリなどを付けたとすると、新品の下敷きには汚れがほとんど付かず、キズだらけの下敷きには汚れが付いてしまいます。
それは、キズだらけの下敷きのキズの中に様々な深さのキズが入っており、そこに砂やホコリなどが引っかかり汚れとして付いてしまうからなのです。
磨くことで、それらのダメージが除去され平滑な塗装面になることで美観だけではなく、コーティングの密着性や汚れの付着防止、お手入れのしやすさなど全てにおいて関わってくる重要な工程なのです。

洗車キズなどで白っぽくなっていた塗装面も、磨くことで塗装本来が持っている色味や艶感などが復元しました。

最適な下地作りを行い、続いて大切な愛車を保護するためのコーティングを施して完成です。
パネルごとのボディラインが強調され、明暗のハッキリとした艶はお車が持つ個性的なデザインが際立つ仕上がりとなりました。

大切な下地作りも知識や技術だけではなく、特殊な照明などの設備やブラックブースなどの環境など全てが重なり合って生まれます。アペックスでは、コーティング専門店として長年こだわり続けてお客様の大切な愛車を施工させていただいております。

コーティングをご検討されている方がいらっしゃいましたら、是非ともアペックスへ足を運んでいただけたら幸いでございます。

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
お問合せはこちらへ