ドアノブ周りのキズを防止したい!

こんにちは!宇都宮市のカーコーティング専門店アペックスです。

本日は、「ペイントプロテクションフィルム(PPF)」施工のご紹介です。

まずはじめに、お車に出来てしまう塗装面の「キズ」の要因を皆さまはどのように認識されていらっしゃいますか?
思いつきやすいものとして・・・

・洗車時にボディに付着した砂埃などを引きずって出来てしまう洗車キズ。
・走行時に飛び石等の飛来物がぶつかって出来てしまうキズ。
・走行中に誤って路肩の雑草・小枝などにこすって出来てしまうキズ。

などなど・・・考えてみるとたくさんの要因が出てきます。

ここで皆様に知っていただきたいキズの要因がもう一つあります。それは、「人の手がボディに触れることによって出来るキズ」です。
実は、お車の塗装面は思っている以上にデリケートで、たとえ塗装面が綺麗であっても、手で撫でるだけで傷になってしまうこともあるのです!

例えば、ボディコーティングで綺麗に磨きあげたお車のスベスベ感を感じたいと、不用意に塗装面を手で撫でてしまうと、実はそれだけで傷になってしまうこともあるので、腫れ物に触るくらい注意が必要です。

さて、本題に入りますが、お車の外装で一番手の触れる場所と言えば、「ドアノブ」かと思います。
そんなドアノブ周辺をじっくりと観察してみますと、ドアの開け閉めの際に手や爪が塗装面に触れて出来たキズが意外と目立つ事が分かります。プロテクションフィルム施工前

そこで、このドアノブ(ドアカップ)へのキズ防止対策として是非!
「ペイントプロテクションフィルム」施工をオススメいたします。プロテクションフィルム車の爪キズ防止

ペイントプロテクションフィルムは名前の通り、厚みのある透明なフィルムで、お車の塗装面に貼り付け塗装面を保護するものです。プロテクションフィルム車の爪キズ防止

適度な厚みと柔軟性により、ボディの様々な形状に追従フィットし、貼り付けた後は、透明ですのでフィルムを貼ってあることが分かりにくく見た目の違和感を最小限にしながらにして保護してくれます。プロテクションフィルム施工後プロテクションフィルム施工後

お車に触らなければ、人の手による傷は防止できますが、ドアノブだけはどうしてもドアの開け閉めで触れなければいけない場所ですので、ドアノブ(ドアカップ)へのペイントプロテクションフィルム施工は、キズを防止するにはとってもオススメです!

ペイントプロテクションフィルムに関することで気になることがございましたら、どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ!

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
「プロテクションフィルムBlog:一覧はこちらから」

カテゴリー

ACCESS MAP