バイクコーティングのお話

こんにちは! 宇都宮市のコーティング専門店アペックスです。
梅雨が明け蒸し暑い日が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか?

今回は、これからの季節にぴったりのオートバイ。

バイクコーティングのご紹介です。
ご依頼いただきましたのは、なかなかお目にかからない”BMW K1600b”というオートバイです。

BMW K1600bは、リアサイドに専用の固定式パニアケースが付き、車体後部を低くした安定感のあるバガースタイルの大型ツアラー。

直列6気筒エンジンを搭載し、BMWが得意とするシルキーシックスのエンジンフィールとダイナミックかつ安定した走りを実現するとともに、長距離ツーリングも難なくこなす様々な快適装備が採用されているバイクです。
迫力あるその佇まいは、車両重量350㎏という数字に負けないインパクトです。

大きめのカウリングやパニアケースがあり、コーティングしがいのある1台です。
ボディ状態は大変綺麗でしたが細かなキズとコーティングの密着性を高めるため研磨可能な部分はミニポリッシャーを使用し表面を平滑化していきます。
その他、機械の入らない部分は洗浄や手磨きにて徹底的に磨き上げます。

そうして下処理を終えていよいよコーティング施工致します。
スプレーガンにて施工しますので、細部までコーティング剤が行き届きます。
幾度と重ねていくに従い艶感がより増して輝きを放ってきます。

仕上がったK1600bとご対面されたオーナー様は、声を出して大喜びしてくださいました。

コロナの影響もあり、バイク需要が上がり車種によっては品薄になっているバイクもあるようです。バイク人口が上がると共にバイクコーティングは、これからのニューノーマルになるのではないでしょうか?

ACCESS MAP