インプレッサ アネシス「愛車への想いを、最幸で美しい愛のカタチへ」

こんにちは。宇都宮のカーコーティング アペックス。

自動車とは本来、人や貨物を運ぶための実用の道具として用いられ、交通手段の一つとして使用される事が目的として登場しました。
現在では、実用性だけではなく運転を楽しむことや、愛着を持って趣味的に所有したりエンジンのチューニングや外装をドレスアップされたりと、楽しまれる方が多くいらっしゃいます。

今回、当店のHPをご覧いただき綺麗にされたいとボディコーティングのご依頼でお持ち込みいただきました「インプレッサ アネシス」
インプレッサと言えば、スポーツタイプのWRX STIやクロスオーバーモデルのXVなどが思い浮かびますが、こちらは珍しいセダンモデルであります。

女性のオーナー様で、ご購入の決め手となったのがボディのフォルムが好きであまり人と被らない車がよかったとのことでした。以前、ボディコーティングをされた事がありましたが納得できい仕上がりだった事が今でもコーティングに対して懸念されており、まだ大切に乗り続けたいということもあり施工をすることになりました。

診断ガレージにてボディのコンディションを確認させていただいたところ、年月の経過で全体的に浸食ジミや樹液などのダメージでヒビ割れを起こしていたり、円を描いたような洗車キズなどダメージは想像以上に深刻なので、一度リフレッシュする形で進めさせていただきました。

ボンネットやルーフなどは浸食度合いが深いものや、ヒビ割れなども起こしているので白く残ってしまうこともオーナー様に承認していただき、出来る限りのダメージを除去する方向で塗装の膜を一枚剥ぐようなイメージで粗磨きを行い、デリケートな塗装ということもあり慎重かつ丁寧に幾度と工程を重ねながら仕上げていきます。
塗装本来が持つ色味や艶感などを復元し、美観と共に密着性を高めてコーティングの効果を最大限活かすように促します。

コーティングは駐車環境や使用頻度、オーナー様の好みなどを考慮して親水タイプの「ハイドログラス」を施工させていただきました。

ダメージが除去できない部分はございましたが、白っぽく濁った色合いの塗装もブラックパールの粒子が際立ち、オーナー様がお気に入りのボディラインも輪郭がハッキリとして精悍さが増し、妖艶漂う深く重厚な煌びやかな輝きに「やってよかった」、「感激しました」と気持ちを露わにして大変満足して喜んでいただきました。

お車を移動する際に、乗り込んだ瞬間に感覚で伝わってきました。
汚れや埃ひとつとない、日頃からお手入れが行き届いている車内。
洗浄の際にも、塗装面はどうしてもダメージが見受けられましたが月に2、3回の洗車を行なっていると聞いていたので、ホイールを始め汚れが固着していないのです。
それは、お客様が愛車を我が子のように大切に愛していた証だということ。

お客様と愛車には様々なドラマや想い出が沢山あると思います。
それを我々は、会話やお車から感じ取り「綺麗」を通じて、まるでヒューマンドラマの映画のような芸術的な作品として「心」を込めて表現していくのです。

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
「ガラスコーティングBlog:一覧はこちらから」

ACCESS MAP