トラブル(困った時に)Trouble

嘔吐・灯油・ペットの排泄物の処理

  • お客様のよくある悩み

    ご相談の多い汚れ

    ご相談が多い汚れイメージ
    子供が嘔吐してしまった時には?
    風邪や体調不良が原因で、子供が嘔吐してしまうことは珍しくありません。
    拭き取っただけでそのままにしてしまうと、シミや臭いの原因になってしまいます。
    独特の匂いが気になる場合は、適切なクリーニングが必要です。
    ペットが車を汚してしまった時には?
    愛犬や愛猫の抜け毛やよだれ、突然の排泄や嘔吐など、仕方がありませんがそのままにしておくわけにもいきません。気になる臭いや抜け毛など、まずはご相談ください。
    車内で灯油をこぼしてしまいました。臭いは消せますか?

    臭いを消すことは可能です。こぼした灯油の量が多い場合は、かなり大掛かりな作業になってきます。フロアマットやフロアカーペットなどは、丸洗いをして完全に灯油を洗い流す必要があります。

    また、フロアカーペットを取り外した下に断熱材や防音材などが引き詰められた車体の場合、染み込んだ灯油で溶かされ、別の悪臭が発生する事もあります。いずれにせよ、灯油をこぼしてしまったら、早急にお問い合わせください。対処が早ければ早いほど、費用や作業日数などご負担が最小限に抑えられるはずです。

    灯油イメージ
    ケチャップなどの頑固な食べこぼし汚れもキレイになりますか?
    元の通りキレイな状態に戻すことは、できる限り早い対応も必要です。特にファブリック(繊維素材)やレザーシートのステッチ部分などは、時間が経つと繊維に浸透し、素材を染めたり油分が酸化して悪臭が発生したりします。 もしケチャップなどをこぼしてしまったら、応急処置程度にやさしく拭き上げてご連絡ください。専門のスタッフが適切なクリーニングを施し、キレイな車内でお返しいたします。
    車内清掃は、汚れた時だけすればいいのでしょうか?
    それとも定期的に行うものなのでしょうか?
    車内の清掃は、行う場所が身近になかったり、掃除機やタオルにバケツなど準備が面倒だから、やらないという方も多いのではないでしょうか。しかし、意外と足元やダッシュボードの細かい隙間には、砂やホコリなど、ゴミがたまっています。日頃は、柔らかなタオルなどでホコリをサッと拭き上げるだけでも清潔感は変わります。
    また、住宅の年末に行う大掃除のように、車内も専門店のルームクリーニングにお任せしてみてはいかがでしょうか。新車のようにいつまでもキレイな愛車でドライブが楽しめると思いますよ。

PAGE TOP

お問い合わせ・無料お見積もりはこちら