トラブル(困った時に)Trouble

フロントガラスのひび割れ

  • お客様のよくある悩み

    高速道路を走行中、トラックから石が飛んできてガラスが割れてしまったのですが、リペアで直りますか、ガラス交換ですとかなり高くなってしまいますよね?
    リペアで修理不可能な状況であれば、割安な輸入ガラスなどもあると聞いたのですが、お願いすることも可能ですか?
    まず、表面がえぐれているような状態のカケであれば、ほおって置いても割れが広がっていく心配はありません。
    ただし、ガラスの中まで割れているようなキズは、早めにリペアしませんとキズが広がっていく可能性が大きいです。
    50円玉に隠れる位までの大きさのワレの場合には、ガラスリペアで修復可能な場合が多いですが、それ以上大きなキズや星のような放射上にヒビが入っているようなワレかたは、ガラス交換の必要があります。
    ガラス交換の場合は、輸入ガラス・社外品ガラス・純正ガラスなどがありますので、ご予算と車両保険の加入条件などによって、いちばんメリットのある方法をご提案させていただきます。
    2013年10月から、多くの保険会社で「ノンフリート等級制度」が改定され、「等級すえおき事故」が廃止されました。これまで「飛び石などの飛来物で窓ガラスが破損した」といった場合に、フロントガラスの交換に車両保険を使っても翌年の等級がダウンしない「等級すえおき事故」とされていましが、「1等級ダウン事故」が適用され、等級が下がると同時に、次回契約更新時には保険料が上がってしまいます。車両によっては修理費があまりかからない場合は自己負担で交換を行い、保険の利用について慎重に判断する必要があります。当店では、保険に関するノウハウもございますので、是非ご相談ください。
    • ご対応はお早めに

      時間が経つほど、傷が伸びたり雨水が入り込んだりして、修理が難しくなります。

    • ご自身での処理は慎重に

      市販のキット等で修理をした場合、歪みやムラが出ることがあります。一度処理してしまった傷は、ご依頼いただいても修理が難しくなります。

    • 車検を通す場合にもご相談ください

      フロントガラスにひび割れがあると車検は通りません。
      リペア後の状態であれば、車検も問題ありません。

    ※大きく割れてしまったキズは、交換の必要がありますが、車両保険などを使って、お客様のご負担なしで交換可能なケースもあります。

空き状況によっては、すぐに対応可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください!

  • ここが違う!アペックスのフロントガラスリペア・交換

    • アペックスのフロントガラスリペア・交換イメージ

      ガラスリペアは、傷口から侵入してしまった空気を完全に取り除き、ガラスに代わるレジンと言われる樹脂を流し込み硬化させて行きます。割れてしまったヒビワレの隅々先端まで行き渡らせることが、キズの拡大防止や視界性の良し悪しの重要な技術力となります。
      当社では世界でもトップクラスの真空引きを行える機器を使用すると共に、長年の経験により可能な限りヒビを目立たなくさせ、破損を阻止しさせるリペアを行っています。

    • アペックスのフロントガラスリペア・交換イメージ

      レジンは、ヒビ割れの形状や大きさ、また、気温などによって、レジンの粘度の違いや種類を選択して使用します。
      当店では、さらにグリーンガラスなどのガラスの色に応じたカラーレジンを使い分け、出来る限り自然な仕上がりになるようなところまで配慮しています。

    料 金
    [1箇所] ¥15,000(税別)

作業工程

飛び石によるひび割れの修理による注意事項

走行中に飛んで来た石などにより、フロントガラスの表面が欠けてしまったり、ヒビ割れてしまうことがありますが、ひび割れが、50円玉以下の大きさ位まであれば、修復可能です。
ただし、リペアは修復した後でも、100%そこからワレが広がっていかないという保証が出来るというものでは、ありません。
急激な温度変化や振動などにより、大きく広がってしまう可能性もあることを承知して置いてください。

飛び石によるひび割れの修理による注意事項イメージ

また、修理した痕跡は、当然修復前よりは目立たなくなりますが、確実に残るということも同時にご理解ください。
何も無かったように仕上げをご要望の方には、ガラス交換をお勧めいたします。
(注)割れてしまったら、傷の中に水分やホコリなどが入らないように、直ぐにテープを貼っておく事をお勧めします。

  1. 傷口を整えるため、ドリルを使い掘削

    傷口を整えるため、ドリルを使い掘削イメージ

    飛び石による割れが生じた傷口から、レジン(樹脂)を隅々まで流し込むためにドリルによって、キズとキズを繋げたり、傷口をキレイに修正したりします。
    このドリル作業は、慎重に行いませんとガラスに余計なキズを付けてしまったりすることがありますので、熟練した技術が必要な工程です。
    また、この時にキズ口に撥水剤が付いていたり、傷の中に水が入ってしまっていますのと、キレイに仕上がりませんので、撥水剤を研磨除去したり、 水分が入っている時には、完全に乾燥をさせます。

  2. インジェクターによる真空引きとレジンの注入

    インジェクターによる真空引きとレジンの注入イメージ

    キズの中の空気を抜き、変わりにレジンを注入する為のインジェクターと呼ばれる、機器をキズ口にセットします。
    まず、キズの中の空気を完全に抜くために、真空引きを行います。
    そして、空気を完全に抜いた真空状態に、レジンを注入しその後加圧します。
    この工程で、レジンをキズの先端まで浸透させることが必要です。
    真空引きと加圧をキズへの浸透状況を見ながら繰り返し行います。

  3. 紫外線ランプによる硬化

    紫外線ランプによる硬化イメージ

    キズの中へレジンが隅々まで浸透し行渡ったことを確認した後、インジェクターを加圧した状態で紫外線硬化ランプによって、レジンを硬化させます。
    完全な硬化は、レジンのヤセやキズの伸びを大幅に減少し、美しい仕上がりになります。

  4. ピットレジンによる表面のキズ埋め

    ピットレジンによる表面のキズ埋めイメージ

    ヒビの先端まで浸透させたレジンを硬化させた後、傷口(衝撃点)を専用レジンで埋め、再度紫外線ランプで硬化させていきます。レジンの完全硬化後、ガラス表面と平滑にするため、特殊工具を使用し削りだし、更にコンパウンドで磨き上げます。

  5. リペア完成と注意点

    リペア完成と注意点イメージ

    リペア前に比較しますと、明らかに目立たなくなりましたが、リペアのいちばんの目的は、「ヒビが広がっていくのを防止すること」にありますので、何もなかったようにはなりません。
    修理後のキズの伸びを防止する為には、特に冬季などに霜などが降りてガラスが冷えている状態の時に、熱湯を掛けるのは絶対に避けてください。
    万一、伸びてしまった場合には、フロントガラスの交換となりますが、当店では出来る限りお客様のご負担にならないような方法での交換をご提案させていただけますので、まず一度ご相談ください。

PAGE TOP

お問い合わせ・無料お見積もりはこちら