株式会社アペックス

アウトドアライフにボディコーティングが大活躍

まもなく夏本番に差しかかろうという季節になってきました。
お祭りや花火大会、海水浴やキャンプなど、夏だけしか味わえない思い出作りは楽しみですよね。
しかし、夏の紫外線は人にもクルマにもダメージを受ける季節でもあります。
紫外線によって塗装も徐々に劣化が進んでいきますし、休日を利用して行楽地へ出かけたりすると高速走行によって虫の死骸が付着したり、洗車しようとしても水が乾いてシミになりやすいなど、お手入れに気を使います。
そんな外的要因から大切な愛車を守ってくれるのがボディコーティングです。

今回、ボディコーティングでお持ち込みいただいたお車は新型「RAV4」。
以前の面影が全く見当たらないほどのモデルチェンジを果たしました。
発売前から海外を含め話題になっており、近年のSUVの盛り上がりにさらに拍車をかけます。オーナー様はアウトドアが大好きで、よく山登りなどに出掛けるそうなのですが、前車もSUVでしたがコンパクト過ぎたのとパワーが足りないとのことで乗り換えたそうです。
山も川もガンガン乗りこなすSUV車には、コーティングは欠かせない存在だと言えます。悪路走行では泥まみれだったり、草木がぶつかってキズになったりとダメージを受けやすくなっています。コーティングを施すことで、塗装を守る犠牲膜が泥汚れなどを
サッと落としやすくし、多少の浅いキズでしたら皮膜の範囲内で補修可能だったりするのでオススメです。また、SUV車に多い未塗装の樹脂モールもコーティングを施せば汚れが固着しづらくなり、紫外線によって白っぽくなってしまう劣化も抑えられるので併せてオプションメニューのオススメでもあります。

納車されたばかりの新車ではございますが、濃色ということもあり照明を当てて確認してみると、手元に届くまでに幾度と触れる機会が多いので線キズなどが見受けられます。また、ドアバイザーにも補修磨きの痕が見受けられました。

アペックスでは特に下地作りにはこだわり、ただ単に磨くのではなくお車の状態を的確に見極め、一台一台の塗装に極力負担をかけないような、最適な下地作りで美観だけではなくコーティングの効果を最大限に活かせる仕上がりを目指しております。

ダメージや塗装表面に付着した油汚れなどを除去することで、塗装本来の色味や艶感になりました。
コーティングは、駐車環境や使用目的や頻度を考慮し、さらにはオーナー様のご要望で長く綺麗に乗り続けたいとのことで、プレミアムグレードでもある「スーパーハイドログラス」を施工させていただきました。ヒーティングブースにて完全乾燥をさせて
コーティングの性能アップと塗装強化を促します。アディチュードブラックマイカの一瞬黒く見えますが、光が当たることで深い蒼色合いのパールの粒子が際立ちます。
さらに、樹脂モールコートで下回りが黒々としボディラインをより一層強調させる仕上がりとなりました。
オーナー様も大変満足していただき、これから本番でもあるアウトドアライフをご満悦していただけることでしょう。

スーパーカーメーカーでさえSUV市場に参戦するほど世界的に人気のあるジャンルだけに、コーティングは必要不可欠になりつつあります。アウトドアだけではなくウィンターシーズンでもコーティングの効果は発揮されますので、是非とも専門店でもあるアペックスへお気軽にご相談いただければ幸いでございます。

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com

「ガラスコーティングBlog:一覧はこちらから」