トヨタ マークX「おクルマへの想いに寄り添い、真の輝きへと変貌を遂げる」

ずっと欲しかったモデルを手にした時の喜びは計り知れません。

FR4ドアセダン「トヨタ マークⅡ」の後継車として登場し、惜しくも2019年に生産終了してしまった「トヨタ マークX」
オーナー様も、中期型のフロントデザインが一番好きで、特にグリルの大きさに魅力を感じて1年近く探してようやく手に入れたお車です。

しかし、ボディコーティングのご依頼で状態を診断ガレージで確認したところ、納車するために綺麗にしたと思われる磨かれた痕跡でもあるバフ目が、ボディ全体に入ってせっかくのソリッドブラックカラーが、白っぽく艶が引けておりました。
衝撃的な光景を目の当たりにしたオーナー様も、新車のように綺麗にされたいとハードポリッシュコースにて施工させていただくことになりました。

まずは、一番大きなダメージでもある磨かれた痕の除去ですが、粗磨きで塗装の膜を1枚剥がすようなイメージで磨いていきます。
恐らく屋外で磨かれたのか、磨いている最中に異物(砂埃など)が噛み込んでしまい塗装面に深いキズが入っている部分もございました。塗装の膜厚も考えると、むやみやたらと磨いてしまうのは良くないので傷口を丸めて目立たなくして処置していきます。
それから、バフやコンパウンド、ポリッシャーを変えながら幾度と工程を重ねながら塗装本来が持つ色味や艶感を復元し、美観だけではなくコーティングの密着性も高めて最適な下地を作り仕上げていきます。

コーティングは駐車環境や使用頻度、お客様の好みなどを考慮しプレミアムグレード親水性「スーパーハイドログラス」を施工させていただきました。
また、ヒーティングブースで完全乾燥させてコーティングの性能をアップさせます。ソリッドブラック(202)は人気のあるボディカラーですが、非常にデリケートな塗装で綺麗を維持するのが難しく、洗車キズやシミなどが目立ちやすいのが現状です。
コーティングをすることで、全てのダメージは防ぐことはできませんが正しい洗車方法やお手入れの仕方で軽減することができます。

最適な下地作りとコーティングの融合で、生まれ変わった思いの詰まった愛車は深く黒々と濡れたような煌びやかな輝きに仕上がり、オーナー様も大変喜んで満足していただきました。

アペックスへご依頼いただくオーナー様のお車には、一台一台想い入れのあるエピソードがたくさん詰まっております。
そのたくさんの想いに、少しでも寄り添い心で磨くことでオーナー様のエピソードの中に、アペックスが温かい存在としていられることが出来たら幸いでございます。

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
「ガラスコーティングBlog:一覧はこちらから」

ACCESS MAP