メルセデスベンツGLA・カーディテイリングの醍醐味、ビフォーアフターの魅力

こんにちは。
栃木県のカーコーティング専門店アペックスです。

新型コロナウイルスは人だけではなく、クルマ業界にも影響を及ぼしています。
半導体不足や部品等の供給不足など様々な要因がありますが、クルマを注文しても納期が読めなかったりと、メーカー側も消費者側も頭を抱えてしまう状況です。
逆に新車に遅延状態が続くなか、お車のご購入をご検討されている方は中古車をご購入される方もいらっしゃるかと思います。
なかには、新車以上の価格で取引されているモデルもあり驚きを隠せません。

カーディティリング業界は、皆様の大切な愛車を綺麗にして、カーライフを満喫していただける事を願い日々精進しております。もちろん、新車をボディコーティングで綺麗な状態を維持していただくことを始めとして、長年お乗りいただいている愛車や中古車をご購入されて綺麗にされたい方には、是非とも専門店の綺麗を体感していただきたいと思います。

今回、リピーター様よりお車をご購入され綺麗にされたいとボディコーティングの
ご依頼でお持ち込みいただきました「メルセデスベンツ GLA」

ボディの状態は、年月の経過で汚れの固着や侵食ジミやスケールの付着、枝のようなもので擦ってしまった線キズや円を描いた洗車キズなど見受けられました。アルミホイールも欧州車特有のブレーキダストの固着も目立ちました。
カーディティリングの醍醐味は何と言ってもビフォーアフターではないでしょうか。

ボディカラーはホワイトで、一見は綺麗に見えますが特殊な照明を当てる事で普段は見えないキズなどのダメージがあからさまに見えてしまいます。キズと言っても何かで擦って入ってしまった深いキズから、日頃の洗車等で入ってしまう浅いキズまで様々です。

このキズをむやみやたらに磨いて除去しようとしても、塗装の厚みもございますので最小限に抑え塗装に負担をかけないように磨くことがお車にとっても大切なのです。

今回は、お車のリフレッシュを兼ねてミドルポリッシュコースで進めさせていただきましたが、画像ではほとんどキズが残っていないように見えてしまいますが、実際は深いキズなどもあり残っている部分もございますが、線キズも傷口を磨いて丸めて目立たなくする事で、汚れが引っ掛からなくなります。

また、磨くことにより塗装本来が持つ色味や艶感などが復元することで、お車の印象がガラリと変わります。そのビフォーアフターの瞬間がカーディテイラーとしての楽しみでもあり、磨きながらニヤニヤしてしまうのも事実です。

最適な下地作りを終え、施すコーティングは撥水性「ドロップグラス」。
ガラス成分の含有量が多く配合された皮膜を形成し、さらなる艶感が増すと共に大切な愛車を外的要因からお守りします。様々なダメージにより、くすんでいたホワイトのボディカラーも鮮明かつ煌びやかな輝きに仕上がり、お客様も大変満足して喜んでいただきました。

ボディコーティングは大切な愛車を保護する犠牲膜でございます。
新車は綺麗な状態を維持するように保護し、中古車はダメージなどをしっかりと治療をすることで、まるで新車のように魅力的な姿へと容姿を変え、新たなステージの始まりとなります。

カーディティリングの魅力でもある美しく綺麗な愛車を創り上げる志事。
想い入れのある愛車を綺麗すると、気持ちも晴れ晴れとなり「クルマも人生も輝きます!」
是非とも、カーディティリングの醍醐味も体感してみてはいかがでしょうか。

ACCESS MAP