第七話 ヘッドライト・プロテクションフィルムをお勧めする理由〜限りあるポリカーボネートを保護〜

こんにちは、栃木県のカーコーティング専門店アペックスです。
本日は施工風景とは少し異なる、ヘッドライトの仕組みについてお話をさせて頂きます。

ヘッドライトが紫外線によるダメージを受け、劣化(黄ばみ)してしまうことをご存知の方もいらっしゃるかと思います。

そんなヘッドライトを保護する方法としては、コーティングorプロテクションフィルム。
近年はプロテクションフィルムを施工する方が増えてきていますね。
プロテクションフィルムは圧倒的な耐久性が注目されがちですが、ヘッドライトそのものに対する優しさにも注目して頂ければと思います。


ヘッドライトが劣化した際、クリアにする為には劣化してしまったポリカーボネート層を研磨する必要があります。ポリカーボネート層を研磨しただけでは、層が剥き出しとなり、とてもデリケートな状態となります。

研磨後に保護する方法はコーティングorプロテクションフィルム。
コーティングが劣化した際は再度の研磨が必要となる為、ヘッドライトの層も研磨することは避けられません。

ですが、プロテクションフィルムは劣化した際には研磨ではなく、『貼り替え』で施工を行う為、ヘッドライトを傷めることはありません。

限りあるヘッドライトを優しく保護する為にも、プロテクションフィルムをおすすめさせて頂きます。

プロテクションフィルムの料金についてはこちらをクリック

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com

ACCESS MAP