洗車キズはいつ入るのか?

こんにちは。
栃木県のカーコーティング専門店アペックスです。

カーコーティングでは、コート剤を塗布する前に磨きを行い塗面を肌調整をしてからコーティングを行っています。オーナー様の使用方法や、駐車環境、お手入れの方法にもよりますが少なからずキズが入ってしまうことがあります。
ガレージ保管で、濡らすこともなく、しっかりほこり対策をされ(定期的なエアブローなど)きれいな状態もございますが、普通に乗っている車で考えると、どうしたら洗車キズが入らないようにできるのでしょうか…🤔?

日頃、皆さん洗車をされる際「キズはいつ入るのだろう」と気になる方もいらっしゃるかと思います。キズが入る原因はこすること。

例えば、ご自身で洗車をする際、皆様ほとんどが屋外かと思います。屋外だと、風で砂埃がボディに付着してそのまま拭き上げてしまった、汚れた洗車スポンジでずっと洗ってしまい汚れを引きづってキズをつけてしまったり、といろいろなことが考えられます。

直接ボディに触らないこと。は、なかなか難しいのでなるべくダメージが入らない洗車を例としてご案内(#^^#)。

お水は、キズがつくのを防いでくれますのでたっぷりのお水を使える環境で洗車をしてください。
最初にボディ表面に付着している砂や泥を上から下へ一定方向に汚れを落とします。
※高圧洗浄機はおすすめです(#^^#)

水だけで落とせる汚れには限界があるので、シャンプーを使うこともおススメしております。たっぷりの泡で洗うことで、汚れを浮き上がらせスポンジを滑らせたときの擦りキズの予防のもなります。
また、おクルマのフェンダーやホイール後部、ドアの下部分を洗うスポンジと上部分を洗うスポンジを分けるとボディには、さらに良いかもしれませんね☺

洗い終わったら、シャンプー液が乾く前にたっぷりのお水でしっかりすすぎ洗いをしてください。

そして、ふき取りは素早く一定方向

スポンジや、マイクロファイバーが汚れたり柔らかさが無くなったりしたときは新しいものに変えることをおススメしています。お肌にザラザラしたものが触れるより、柔らかい方が嬉しいのと同じですね💛✨

これから暖かくなるにつれて、おクルマにとっては黄砂や花粉とダメージが気になる季節になってまいりますので、愛車のケアなどについて何かございましたらお気軽にご相談ください。

こちらで、洗車スポンジがご購入できますのでよろしかったらご覧ください。
↓ ↓

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
「お手入れのポイントBlog:一覧はこちらから」

ACCESS MAP