BMW6グランクーペ「人生と共に歩む愛車を綺麗に。」

こんにちは。栃木県のアペックスです。

クルマが好きな方にとって大切な愛車は「宝物」です。
週末には、ドライブ前に洗車をして綺麗にしてからお出かけをするのがお約束ですね。
しかし、綺麗にすると今まで気付かなかったキズや付着物などによるダメージを発見してしまうことがあります。
このキズは目立たなくなるのだろうか?
このシミは除去できるのだろうか?

オーナー様にとっては大切なパートナーで、少しでも労れるのならばアペックスへ相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

実際に状態を確認して、どのような原因で起こってしまったダメージなのかを説明し、最善の方法で解決策を見つけてお伝えします。
もちろん、軽度なものから重度なものまで様々なのでご要望に添えないものもございます。

今回、ボディコーティングのご依頼でお持ち込みいただいた「BMX6グランクーペ」。
ご予約の前に診断ガレージにて状態を確認させていただいたところ、ボンネットやルーフに樹液なようなものが付着し溶けてしまったかのような、細かい無数の侵食ジミが見受けられました。
侵食度合いもかなり深いので、磨きでは綺麗にならずに残ってしまうことや本当に綺麗にされたいのであれば塗装をするしかないこと、サイド面に関しては洗車キズや深い線キズのダメージなので問題なく綺麗になることなど、実際の仕上がりのイメージを出来る限り分かりやすくお伝えしました。

しかし、オーナー様は侵食ジミが残ってしまっても少しでも綺麗になるのであればお願いしたいと熱弁。
そのような、オーナー様の熱い思いにアペックスは最大限の術を大切な愛車に注ぎます。

まずは、洗浄で出来る限り不要な汚れやスケール、油汚れなどをクレンジングしてまっさらな塗装面にして下地作りの準備をします。
それから状態を綿密に確認しながら、塗装面に最適な研磨方法を見つけ施工を行います。

ポリッシャーへ心を領域展開し、ダメージを除去し綺麗にするために様々な術を使い仕上げていきます。
ボンネットやルーフの侵食ジミは限界があるので、ある程度磨いて侵食ジミの輪郭を丸めて目立たなくします。
その他の洗車キズや深い線ギズも、ほとんど目立たなくなり白っぽくくすんでいた塗装面も、本来の色味や艶感を復元し美観と共にコーティングの密着性を高めていきます。

コーティングは、駐車環境や使用頻度を考慮し、親水タイプを選択しましたが持ち込み時に水が弾く方が好きなのでとオーナー様のご要望で、撥水タイプの「ドロップグラス」を施行させていただきました。
侵食ジミはかなり残ってしまいましたが、カーボンブラックの粒子が際立ち、深く艶やかな輝きがボディラインを強調し、精悍さが増した仕上がりになりました。

オーナー様も仕上がった愛車とのご対面で、ここまで綺麗になるとは想像していなかったと大変満足して喜ばれておりました。
施工する側もお渡しするまで不安でいっぱいでしたが、オーナー様の満面の笑顔を見ることで死闘を繰り広げながらの施工が報われたので幸いでございます。

アペックスでは、「ドクター的手法」により大切な愛車を「治療」することを使命としております。
もちろん状態によっては、希望に添うことが出来ないこともございますが、愛車のことで気になることやお困りのことがございましたら、一度診断をされてみてはいかがでしょうか。

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
「ガラスコーティングBlog:一覧はこちらから」

ACCESS MAP