極度のダメージから再生‐新たな息吹を吹き込まれ復活する愛車

こんにちは!宇都宮 カーコーティング専門店のアペックスです。

ボディコーティングをする上で、塗装面を保護する目的だったり日頃のお手入れがしやすくなったりなど様々ですが、やはり一番の醍醐味は「キレイ」になることではないでしょうか。

新車は新車以上に、既に乗られているお車は新車のような綺麗さをイメージしながら作品を作り上げる様に心がけております。

今回、ご入庫いただきましたお車はホンダ「シビックタイプR(FD2)」

かれこれ発売されてから10年以上経過するお車になりますが、このクルマに魅了されて長く乗り続けている根強いファンの方も多くいらっしゃいます。

しかし、年月の経過で紫外線や外的要因によって塗装面や樹脂パーツなどが劣化して、洗車しても泥汚れなどは落ちるけどイマイチ綺麗に見えないのが現状なのではないでしょうか。

オーナー様も、その中のお一人でどうにかならないかとご相談を受け、お車の状態を確認しながら最適な状態へと導けるのかをご提案させていただきました。

特殊な照明が設置してある「診断専用のカレージ」でボディを確認したところ、塗装面の艶は引けてどのような色味なのかが確認しづらく、例えるとパサパサしている状態で、針で突いた様な細かい浸食ジミや雨ジミや外的要因による浸食ジミ、円を描いたように入った洗車キズなど様々なダメージが見受けられました。

また、未塗装の樹脂パーツやドアモールも劣化によって本来の素材らしさが失われておりました。

今回のようなダメージの状態ですと、イメージとして「再生」をテーマに下地作りを行っていきます。

一台一台、塗装の状態や性質が異なるので、どのような工程で仕上げていくかをよく吟味してから取り掛かります。お車の塗装の厚みがそれほど高くないので、負担をかけないように必要最低限の磨きでダメージと美観を整えていきます。

状態が悪いからと言って、むやみやたらに塗装を削ってしまうと逆に塗装の質を悪くしてしまうので慎重に進めていきます。

ダメージが大きい部分は、粗磨きで一皮剥くような感じで除去をして活きている塗装面を出し、次に塗装の表面を平滑にするためにバフやコンパウンドを変えながら幾度と工程を重ねて磨き、塗装本来が持つ色味や艶感を復元していきます。
また、美観だけではなくコーティングの密着性を高めて効果を最大限に引き出すように促します。未塗装の樹脂パーツに関しても、特殊な技法で劣化部分を除去して元に近い状態まで復元します。

コーティングは駐車環境や使用頻度を考慮して、親水性ハイドログラスで大切な愛車を保護します。

専用色でもあるプレミアムディープバイオレット・パールの粒子が際立ち、ボディラインがハッキリと浮かび精悍さが増した仕上がりになりました。お客様も愛車の変貌ぶりに、こんなにも変わるものとだと大変驚かれ感動しましたと満足していただきました。

クルマは様々な環境の中で、色々なところからダメージを受けているのが現状です。大切に乗られているお車で、今の状態から綺麗になるのだろうかと少しでも感じているのであれば是非ともご相談ください。
専用の診断ガレージで専門のスタッフが、塗装の状態を判断し最適なプランをご提案させていただきクルマも人生も最高に輝くお手伝いをさせていただきます。

 

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com

「ガラスコーティングBlog:一覧はこちらから」

ACCESS MAP