ホンダ N-ONE 「ダメージが見える環境で、造り出される至高の作品」

新車だからと言って、必ずしも綺麗だとは限りません。
長期的な在庫車や外的要因からダメージを受けてしまったりと様々です。
自然光だと見えにくいダメージは照明の元でハッキリと見えますが、そのような環境に
遭遇することは通常ありませんが、夜間のガソリンスタンドや駐車場などの照明で
確認できることができます。

今回、リピーター様からのご紹介でボディコーティングのご依頼でお持ち込み
いただきました「N-ONE」。

実際にボディの状態を照明の元で確認してみますと、RSグレードの専用色でもある
鮮やかなサンセットオレンジは見えにくいため、思いもよらない浸食ジミや洗車キズ
などが見受けられ、オーナー様も現状を把握し驚かれておりました。

ボディコーティングを施工する上で、下地作りは非常に重要な工程で今回のような
ダメージもコーティングの効果を最大限に発揮することができないので、しっかり
とした磨きで修正しないといけません。

ダメージを修正していく上で、各メーカーによって塗装の品質が異なります。
特にN-ONEは非常にデリケートで、塗装の膜厚も少ないので慎重かつ丁寧な磨きが
必要となり神経を研ぎ澄ませながら磨きを行っていきます。

塗装に負担をかけないように最小限の磨きでダメージを除去し、塗装本来が持つ色味や
艶感を復元し美観だけではなく、コーティングの密着性を高めて最大限の効果を
発揮できるように促していきます。
コーティングは、駐車環境や使用頻度などを考慮して親水性ハイドログラスを
施工させていただきました。

サンセットオレンジとルーフのブラックカラーが、お車をスポーティーに演出するだけ
ではなく、お車のダメージや塗装に最適な下地作りをすることで、ボディラインを
引き締め精悍さが増す仕上がりとなりました。
お客様もコーティングを施工する前との違いに、こんなにも違うものなのだと改めて
驚かれておりましたが、仕上がりには大変満足して喜んでいただきました。

ボディカラーによって、ダメージの受け方や見え方が異なりますが、塗装の状態は
一台一台違うので適切な診断を行い、お車に極力負担をかけないように下地作りを行い、
お客様の大切な愛車をいつまでも綺麗に維持するお手伝いをさせていただいております。

 

お問合せ
株式会社 アペックス
栃木県宇都宮市下川俣町206-64
TEL 028-661-6000
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜
www.apecs-co.com
「ガラスコーティングBlog:一覧はこちらから」

ACCESS MAP