幌クリーニング&コーティングHood Cleaning & Coating

幌クリーニング&コーティング

撥水効果デリケートガード

開放的な走りを楽しむ事ができるオープンカー。ハードトップはボディ同様にお手入れが可能ですがソフトトップと呼ばれる布製やビニール製の幌のお手入れは如何なされていますか。長い間には、素材の網目やしぼ(素材表面の凹凸や模様)に汚れが蓄積し、ルーフがくすんでしまう事もあります。更には、紫外線による色あせも心配です。デリケートなソフトトップには、幌専用の撥水コーティングがおススメです。

幌専に研究・開発された撥水コーティングは、良質の高分子フッ素の高い撥水性能で布地の中へホコリや汚水の浸透を防ぎ、紫外線による色あせから守ります。日頃のお手入れも優しく水洗いで済ます事ができ、洗車の手間を軽減させキレイなソフトトップを維持します。

料金はこちら

  • お客様のよくある悩み

    ビニールの幌ですが、きれいになりますか?
    ビニールの幌にも、日常的に酸性雨や道路に溜まった雨水(ピッチ・タールやタイヤかす、その他諸々とさまざまな有害物質が混ざっています)などの汚水によって、いつの間にか汚れが付着してしまいます。
    カーシャンプーや市販品では落ちない強固な汚れを専用のクリーナーと純水を使用して、ビニール素材を傷めずに幌のシボの中に入り込んでしまった汚れを洗い流し、新車時の風合いと色合いを取り戻すことができます。
    • 施工比較イメージ
    • 施工比較イメージ
  • ここが違う!アペックスの幌クリーニング&コーティング

    ビニールレザー製の幌クリーニング及び、ソフトトップ(布生地)の幌クリーニングには、各素材に応じ特殊な洗浄剤と施工方法で汚れを除去していきます。コーティングも素材に合わせ専用コート剤を使用し、汚れの再付着や色あせなどの劣化から防止します。

    • 幌クリーニング&コーティング イメージ

      幌専用に開発された高分子フッ素配合のコーティング剤を使用。強力な撥水力により、雨天時にピッチや油分等の汚れを含んだ雨水にさらされる過酷な環境下おいても、保護することができます。

    • 幌クリーニング&コーティング イメージ

      通常の幌コーティング施工では常温で自然乾燥が主流ですが、アペックスでは、幌の繊維に浸透したコーティング剤を赤外線ブースで完全に乾燥させます。こうすることでコーティングの備える撥水性や耐候性などの性能を最大限に引き出した施工でお渡ししています。

作業工程

  1. 洗浄

    洗浄 イメージ

    専用のクリーナーを使用し、幌の表面の汚れはもちろんのこと、繊維の中に入り込んだホコリなどもかき出し、洗い流して行きます。

  2. 乾燥

    乾燥 イメージ

    洗浄した際に幌の繊維にしみ込んだ水分を残す事無く乾燥させるために中波赤外線乾燥機をしようして、完全に乾燥させます。

  3. 塗布

    塗布 イメージ

    きれいに洗浄し乾燥させた幌にコーティング剤を薄くむらなく塗布します。

  4. 乾燥

    乾燥 イメージ

    コーティングの定着を良くする為に、中波赤外線乾燥機にて乾燥させます。上記の3と4の工程を3回繰り返します。そうすると、水が幌の上を踊るような撥水状態になります。

  5. 完成

    完成 イメージ

    優れた撥水効果がホコリなどを含む雨水の浸透を防ぎます。キャンバス地を汚水に染められることなく、効果が続く限りキレイな幌を維持します。

PAGE TOP

お問い合わせ・無料お見積もりはこちら