雨しみ除去・傷とり研磨Water Spots・Removal a Scratch&Polish

雨しみ除去・傷とり研磨

シミ・ワイパーによるキズ特殊研磨除去

新車の時はキレイだったウインドウガラスも年月と共に、ガラス表面に水が乾いてできるウロコ状のシミがてきてしまったり、ワイパーによるスリキズが付いてしまうことがあります。どちらも、日差しの強い日や対向車のライトなどが乱反射し、ギラギラと非常に視界を遮り、運転していて非常に疲れるのではないでしょうか。

ガラスに固着している水ジミやワイパーキズなどは、市販品のコンパウンドや油膜取りなどを購入して落そうとしても簡単には除去できません。ウロコ状のシミは、水道水に含まれる金属元素(鉄分、マグネシウム、カルシウム)が乾いてガラス表面に固着したものです。
洗車などで乾かすことを繰り返したり、拭き取りを怠ったりしてしまうことで酷く蓄積し固着して行きますので、同じ環境に置かれたクルマは、ガラス全面に付着しているケースが多く、ワイパーキズも含めガラス交換には膨大な費用が必要となります。
無駄なコストを出来る限り抑えるためにも、知識と設備の整った専門店に一度相談してみる事をお勧めします。ガラスをしっかりと適切な研磨を施した後は、新車時に戻ったようなガラス本来の輝きを取り戻すことができます。

料金はこちら

  • お客様のよくある悩み

    最近、中古車を購入したところ、ガラスに無数の水が乾いたようなシミがついていました。ガラスクリーナなどで拭いてみましたが、まったく取れません。ディーラーに相談したところ、交換するしかないと言われたのですが・・・。
    確かに、かなりひどい状況ですね。
    ですが、当店ではご覧いただいておりますように、科学的に溶解して除去する方法と研磨して除去する方法を併用することにより隅々まで、ほぼ分からない位に除去できます。キレイになってしまうと簡単そうですが、ガラスに研磨キズを付けずに、ほぼ完璧に近い仕上がりでお渡しするのは、長年の経験と根気が必要です。 状態を診断し、交換が良いのか研磨で十分なのかを見極め、いちばんメリットのある方法をご提案させていただきます。
    • 施工比較イメージ
    • 施工比較イメージ
  • ここが違う!アペックスの雨しみ除去・傷とり研磨

    ガラスは、塗装などと比較しますと非常に硬く通常の研磨では、キズを取り除くことは出来ません。
    また、ガラスは研磨の際に熱を掛けすぎると、ガラスが破損することがありますので、非常にデリケートな磨きが必要とされます。
    ガラスのキズ取りなどは一般的に需要が少ない為に、ガラス専用の研磨機器を所有しているところが少なく、ガラスのキズは除去できないとされてしまっているケースが多いのですが、当店ではガラス磨き専用の機器を導入しており、ガラスに過剰な熱を加えることなく、また、ガラスの歪を出来る限り出さずに研磨することが出来ます。

    • 雨しみ除去・傷とり研磨 イメージ

      ガラス研磨専用の機器である為、ポリッシャーの先端から水を噴霧することが出来、常にガラスに熱が掛かって、歪を発生させることなく、キズを除去することが出来ます。

    • 雨しみ除去・傷とり研磨 イメージ

      上記のリアガラスのように、ウロコ状のシミがひどく、他店で断られてしまったような状態でも、科学的に溶解して除去するガラスと研磨して除去する方法を併用することにより隅々まで、出来る限り新品のガラスに近い透明感に戻すような、ノウハウを持っております。

作業工程

  1. フロントガラスの引っかきキズの除去

    フロントガラスの引っかきキズ イメージ

    ガラスのキズ取り研磨を行う前に、コンパウンドで汚さないよう、ガラス周りのモールをマスキングを施し、ボディは養生シートで被っていきます。

  2. ガラス以外の養生

    養生 イメージ

    ワイパーのゴムが切れてしまい、ワイパーブレードの鉄の部分によってフロントガラスに付いてしまったキズを、研磨除去します。
    画像では分かりにくいのですが、爪で完全に引っ掛かる位の深さのキズです。

  3. ポリッシャーによるキズ取り

    ポリッシャーによるキズ取り イメージ

    ガラス研磨用のポリッシャーと専用のフェルトバフにコンパウンドを付け研磨していきます。時々、ポリッシャーの先端に付いている霧吹きノズルから 水を出し、コンパウンドが乾かないように研磨していきます。 研磨の状態をこまめに確認しながら、出来る限り最小限の研磨でキズを除去し、歪みを発生させないよう、細心の注意を払い磨き上げていきます。

  4. 仕上りの確認とガラス清掃

    仕上りの確認とガラス清掃 イメージ

    キズの取り残しや歪の発生などの問題はないかを確認し、修正が無ければマスキングテープや養生シートを剥がし、コンパウンドで汚れたガラスをキレイに清掃して行きます。

  5. キズ除去完成

    キズ除去完成 イメージ

    ガラスの歪みもなく、ワイパーキズが完全になくなりました。視界も確保され、ストレスなく安心してドライブをお楽しみいただけます。

PAGE TOP

お問い合わせ・無料お見積もりはこちら