KODAWARI Apecs

ボディコーティングへの想い

Back to Top

コーティングの真実と実態、アフターケアの重要性

ボディコーティング、ディーラーさんじゃないと不安ですか?

ボディコーティング、ディーラーさんじゃないと不安ですか?

今や新車購入時にボディのコーティングを施工するという方が半数以上を超えています。また、その施工場所は、ディーラーさんでという方が70%近くを占めています。なぜかと言いますと、下記の2つの理由によるものがほとんどです。

  • 車の購入時の見積りの中にコーティング代を含めて入れておき、お客様が必要ないと言わない限りは、必然的にコーティングが含まれているケース
  • 値引きの対象として、現金でなくオプションとしてコーティングをサービスしておきますと言ってコーティングを施工して納車されるケース

さて、その実態はディーラーさんによって様々ですが、あまりにもお粗末な現実が・・・お客様にとっては、ディーラーさんだから安心と思っていらっしゃる方が多いようですが、サービスメカニックが、整備の合間に埃っぽい工場でコーティングを施工したり、ただ、洗車しただけで状態に合わせた下地処理をせずにコーティング剤を塗布したり、はたまた外注業者に依頼するにしても、出張専門のこだわりのない業者によって行われているのが、実態なのです。
是非、多くの方にコーティングの施工店選びのポイントを知っていただき、納車前にサービスでやっておきますとか、ディーラーさんにお任せすれば安心といった風潮を一掃して、本当にお客様にとってメリットのある施工をご提案出来ればと思います。

アペックスプレスの他店との比較表

  アペックスの考えるコーティングとは? アペックスの考えるコーティングとは?
コーティングの種類
皮膜硬化型ガラス系(撥水タイプ・親水タイプ)
クリアー塗料樹脂系
フッ素樹脂系
フッ素樹脂系
簡易型のガラス系

当店では、ボディカラー・駐車環境・お手入れ方法などに応じて最適なコーティングの種類の選択が可能。主流のガラス系でも艶、汚れにくさ、耐久性に違い

施工方法
洗車+磨き+コーティング塗布
洗車+コーティング塗布

コーティングの施工は大きく分けると、下地処理(磨き)とコーティング塗布に分けられ、下地処理が全工程の7割位を占める重要な工程。
しかし、ディーラーさんなどでは、新車は、洗車してコーティング剤を塗布するだけ。
当店では、専門のスタッフが新車でも磨きを掛けてからコーティングを施工

施工環境
空調完備の完全密閉された室内
サービスの工場・屋外

埃や砂ぼこりが飛んでくるようなところでは、キレイにするどころかキズを付けてしまうことになるので、室内での施工は本来、必須条件。
また、塗装の状態を見極める為に、充実した照明設備も重要

保証期間
コーティングの種類ごとに、効果が実感出来る期間を目安として表示
コーティングの種類に関係なく一律に5年保証

ディーラーさんでは、フッ素系のコーティングを5年保証としているが、フッ素系で5年は疑問。効果の判断が目で見て分からない為、実際に効果があるかどうかは別に、保証期間が決められているのが現状であるので、保証期間が長い=良いコーティングと考えるのは間違いである。

アフター
サービス
定期的なメンテナンスシステム完備
特になし

ディーラーでのコーティングは、施工すると水洗いのみでメンテナンス不要としているケースが多いが、きれいな状態を維持していく為には、メンテナンスが必要であり、定期メンテナンスの実施や、当社では落ちない汚れやキズが付いてしまった時に、即対応が可能。

施工者の想い
専門店としてのプライドとお客様に喜んでいただきたいという熱い想い
マニュアル通りの施工で特に想いはない

ディーラーでは、サービスメカニックや外注が施工しているので、マニュアル通りでの施工。当店では、専門店としてのプライドと、お客さんに喜んでいただく為に、まさにかゆいところに手が届く施工を行う。

アペックスの考えるコーティングとは?|コーティングの真実と実態、アフターケアの重要性|

アペックスコーティングの特徴こだわり設備紹介

COPYRIGHT(C) APECS ALL RIGHT RESERVED